【三井ホーム】打ち合わせ⑤ 外構の初回提案~リゾート植栽とタイルデッキ~

外構の初回提案

こんにちは、でかサモちゃん(@dekasamo)です。

三井ホームとの5回目の打ち合わせは、三井ホーム提携の外構業者さんからの初回提案でした。外構業者の方は予定が合わず、パントリーくんが代わりに全部説明してくれました。提携外の業者との違いやメリット/デメリットも聞いたので、その点にも触れたいと思います。

この記事は以下のような人におすすめ!

  • 家を南国リゾート化したい
  • これから外構デザインを決めるフェーズに入る
  • 外構業者を選定中だけど判断に迷っている

前回までの流れ

前回は、家の中のドアや窓、家の外の外壁や屋根などの細かな仕様を一気に決めました。

これまでの間取り打ち合わせ内容はこちらから全てご覧いただけます。

我が家の家づくりのテーマ
  • 大型犬と暮らす家
  • 開放的で明るい家
  • 仕事も家事も子育ても両立できる家
  • リゾートのように快適な家
  • 帰りたくなる家

外構の予算

まずは外構の打ち合わせに行く前に、三井ホームと契約した時の概算見積もりをチェック。

外構工事は280万円で組まれていたので、一旦この予算を目安に判断していくことにします。

外構の進め方については、以前パントリーに「できれば三井ホーム経由でお願いしたい」と伝えていました。

以前の流れ

パントリーからは契約の時に、

パントリー
パントリー

外構は私たちが間に入ることで20~30%のマージンが含まれてしまうので、お客様と外構業者さんで直接やっていただく方が正直おすすめです。

と言われていました。でも、こうしてパントリーとアキナに私たちの家にぴったりな外構を一緒に考えてもらった方が、絶対に良いものが出来るに違いないですよね。パントリーには、出来れば外構も三井ホームを通してお願いしたいと伝えておきました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

お金が足りると良いなぁ…

今回出てくる見積もりが予算に収まっているかどうかが、三井ホーム経由で依頼できるかどうかのポイントになってきます。

外観パース・図面・見積もり

パントリー作

まず、以前パントリーくんが作成してくれた外観パースがこちら。

めっちゃリゾート!!

とても綺麗に作り込まれていて、大まかな方向性はこれで良いなと思っています。

外構業者作

続いてこちらが、三井ホームと提携している外構業者さんが作ってくれたパースです。

ほぼ同じですね!
いい感じの植栽が植わっています

ちょっとトリッキーなのが、植栽と塀の低さ。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

これ、塀は高さ何センチの想定ですか?

パントリー
パントリー

えーっと、120cmですね。なので、このパースだとすごく低く見えますが実際はもっと高いです。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

あ、良かったです!笑

なんでこんなに低く見えるのかは謎ですが(笑)、とりあえずパントリーが依頼した外構がそのまま反映されている感じでした。

図面と見積もり

こちらが外構業者さんが作成してくれた図面です。

外構プラン
外構プランの全体像
パントリー
パントリー

このプランで、現状320万円です。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

おお~、当初予算の280万を超えちゃっていますね~。

パントリー
パントリー

そうですね、三井ホーム経由でご依頼いただくと金額が上乗せになってしまうので、直接やり取りしていただくとだいたい8掛けくらいになります。

でかサモ夫
でかサモ夫

ということは、直接やればこの内容でざっくり260万相当ということですね。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

結構金額変わりますね…

これまで三井ホーム経由でお願いするつもりでいましたが、パントリーがおすすめする通り、直接依頼をした方が良さそうだなと感じてきました。それぞれのメリット・デメリットは後述します。

西側(玄関~庭の塀)

敷地西側の外構プラン

①玄関ポーチ・階段

玄関ポーチまでの階段は大きなモルタル仕上げが2枚です。階段を少し重ねるようにして、浮遊感を出します。

こんなにデカくないけど、階段のイメージ (出典: Pinterest)
パントリー
パントリー

ここの費用は、外構工事ではなく本体工事に含まれています。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

はーい!間接照明は入っていますか?

パントリー
パントリー

現時点では入っていないです。入れると、追加で20万円~くらいですね。

間接照明を入れると更に浮遊感が増してリゾートチックに! (出典: Pinterest)

それからドアの前には砂利とソテツくんが植わっています。

玄関前のソテツくん。足元の砕石との相性も抜群ですね (出典: Pinterest)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

うちのバルコニーにもソテツくんがいるので、ついつい君付けしてしまうっ…!

②石が置いてあるスペース

木調サイディングの外壁の手前が、少し寂しい感じになっています。景石があるところだけ和風っぽい気もしますね。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

ここは、大きな鉢植えを並べる方が良いです!

鉢植えが並んでいるバージョン (パントリー作)

鉢植えはこんな感じのイメージです。

均等に並ぶことで魅力が増す鉢植え (出典: Pinterest)
黒×四角柱の鉢植えもスタイリッシュでかっこいい! (出典: Pinterest)

③乱貼りの塀と植栽

庭(ほぼタイルデッキ)の側面には、乱形石を貼った高さ120cmの塀を設けてあります。

南国リゾートな白っぽい乱貼り (出典: Pinterest)

石積の塀もいい雰囲気が出そうで気になります。

やりすぎて逆に安っぽくならないようにしないと… (出典: Pinterest)

そして塀の奥には、様々な南国系の植栽があります。

マホニアコンフューサ (出典: ポンパレモール)
コルジリネレッドスター (出典: Pinterest)
ユッカ (出典: Pinterest)
ワシントンヤシ (出典: Pinterest)

北側(サイクルポート~家の裏)

敷地北側の外構プラン

①土間コンクリート3枚+砂利

玄関階段の左側には3枚の土間コンクリートを並べ、目地には砂利を敷き詰めます。この土間のスペースは自転車を停めるスペースになります。

ちなみに、北側の林さん家との境界には既に小さな石積の花壇があるので、フェンスなどは特に設けない予定です。

②鉢植栽

玄関ホールのピクチャーウィンドウから見える、我が家のシンボルツリーです!地植えではなく鉢植えになりましたが、大きくてかっこいい鉢植えもたくさんあるので、選ぶのが楽しみです!

こういうデカ鉢植えがオシャレ! (出典: Pinterest)
このぐらい大きなサイズも!安定感がすごい (出典: Pinterest)

③散水栓

鉢植栽の水やり用に水栓を付けたいとパントリーにお願いしたところ、ここには散水栓を設置することになりました。

よく地面に埋まっているこれが散水栓 (出典: タキロンシーアイ )

打ち合わせの時は特に何も思わなかったのですが、今になって

でかサモちゃん
でかサモちゃん

立水栓の方が良いのでは…?

と思い始めました。散水栓は地中に埋まっているので場所を取らないというメリットがありますが、使うたびにしゃがむ・開ける・ホースを付けるという作業が発生するのは、使用頻度が高い場合はストレスになりそうだと気づいたためです。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

面倒くさくなって鉢植えを枯らす未来が見える…

不安になって色々と調べてみると、比較的コンパクトな立水栓もあるようなので、次回パントリーに立水栓に変えられないか聞いてみようと思います!

④ゴミステーション

ゴミ出しの日までの間、ゴミを置いておく場所として設置するゴミステーションは、コの字型の壁を作って、その内側に大きいフタ付きのゴミ箱を入れる想定です。

先方からの提案だと南向きに開いていますが、これだと自転車を置いたときに道がふさがってしまって通りづらいので、北向きに開くように設置してもらおうと思います。

マイホームデザイナーで自作してみたパース。これのおかげで通りづらいことに気づけました!

中に入れるゴミ箱はこのくらいのサイズ感をイメージしています!

大きなフタ付きのゴミ箱。キャスター付きで便利そう! (Pinterest)

⑤砂利

ここから先は、東側までぐるっと砂利敷きです。

南側(タイルデッキと植栽)

敷地南側の外構プラン

①タイルデッキ

元々はウッドデッキになる予定だったところを、今回思い切ってタイルデッキに変更しました!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

あの、ウッドデッキをタイルに変更って出来ますか…?

パントリー
パントリー

あっ、大丈夫ですよ!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

本当ですか!実は、LDKをこんな雰囲気にしたくなってしまって…

明るくて心地良い風が通り抜けていきそうなリビング (出典: Pinterest)
南国植栽とラタンやウォーターヒヤシンスを使った家具、全体が白の涼し気な雰囲気 (出典: Pinterest)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

それで、フローリングも明るめに変更した方が良いとは思っているのですが、それに合わせてウッドデッキも明るめのタイルにした方が合いそうだなと思いまして…

パントリー
パントリー

わー、良いですねー!確かに、これならタイルが合いそうですね!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

よ、よかった…!

ということで、更にリゾート感を増せそうです!タイルは、リビエラ社の製品から選ぼうと思います。

天然石の色ムラを表現した「エタニティ」 (出典: RIVIERA)
フランス産大理石「ボルゴーニャ」を再現した磁器タイル (出典: RIVIERA)
パントリー
パントリー

ウッドデッキからタイルデッキに変更することで、たぶん20~30万円くらいは金額が上がると思います。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

分かりました!ここは優先度高めで行きたいので、お風呂の壁はタイルにしなくて良いです!

また、デッキの範囲も予定より延長させて、土や芝生などの庭部分を作らないことにしました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

庭のお手入れとか出来なさそうなので…

②植栽とウッドフェンス

南側の家との境界には、リビングやタイルデッキから外を眺めたときに出来る限り景色が綺麗になるよう、目隠し用のウッドフェンスを設置します(これは現時点で見積もりに入っていません)。

10cm程のブロック塀の上にウッドフェンスを乗せるイメージ (出典: エクスショップ)

そしてフェンスの手前には、南国リゾート系植栽をたっぷり植えます!

マイホームデザイナーで自作したタイルデッキの様子。植物モリモリです(笑)

家の中には大きな観葉植物を置くスペースがあまり取れないので、窓の外の景色から南国を感じようという魂胆です。

部屋の中からグリーンが見えていい感じ!3連窓を開放してホームパーティーしたくなります!

今後、寒さに強い品種の中から具体的にどれをどこに植えるのか決めていくのがとっても楽しみです。

③立水栓

南側にも、植栽の水やり用に立水栓を付けます。

真夏はタイルデッキが熱々になってしまうので、犬が肉球をやけどしてしまわないように水を撒いて冷やすときにも活躍するはずです!

外構はハウスメーカー経由 or 直接取引?

それぞれのメリット/デメリット

パントリーに教えてもらった内容は以下の通りです。

項目三井ホーム経由直接取引
予算マージンが上乗せされて高い三井ホーム経由の-20%程度
工期引渡までに完了引渡後に工事開始
コミュニケーション窓口を一元化できて楽・安心自分でやり取り・管理が必要
勝手が分かっているため、本体と外構のつなぎ目が綺麗???
三井ホーム経由 vs 直接取引

この他にも保証内容など様々な違いがあると思いますが、とりあえずパントリーから聞いた大きな違いはこの4点です。

まず予算では圧倒的に直接取引の方が優位ですね。このマージンの差額で他のオプションが付けられるとなると、かなり心が動きます。

工期は、ハウスメーカーを経由すると引渡までに完了する点は結構魅力的ですよね。引っ越してきた初日からパーフェクトな家に住めるので、毎日相当テンション上がると思います。

初期に最も懸念していたのがコミュニケーションについてです。外構業者とのやり取りでうまく要望が伝えられるか、しっかり動いてくれるかが不安なので、できればパントリーに全部お任せしてしまいたいと思っていました。でも、ここ最近で考え方が変わりました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

結局このプロジェクトのオーナーは私たち施主であって、たとえパントリーが宿題を忘れていたり連絡が遅かったとしても、それはリマインドしなかったこちらの責任だね。

でかサモ夫
でかサモ夫

こっちは素人だからパントリーに色々とアドバイスやサポートをもらいながら進めていくけど、スケジュール管理やタスク管理は施主側が責任を持って推進していくべきだね!

と気づいてから、今まで以上に仕事モードに(笑)。

外構業者と直接連絡を取って納品まで動かすことも、家づくりプロジェクトにメンバーが加わってその分のやり取りが発生するだけなので、そんなに不安に思う必要はないなと思い直しました!

今後の流れ

そんなこんなで私たちは外構を直接業者さんに依頼することに決めました。では、どのように業者を探せばよいのでしょうか?

パントリー
パントリー

これは私から言うべきではないのですが…。

三井ホームと提携している外構業者に勤めていた方で、今は独立して自分の会社を経営している方が何人かいるので、いくつかご紹介しますね。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

わぉ!ありがとうございます!

それなら、勝手も分かっているし安心してお願いできそうですね。

ということで、後日パントリーから何社か紹介をしてもらえることになりました。

まとめ

外構打ち合わせで分かったこと
  1. ハウスメーカー経由か直接取引かは、メリット/デメリットと自分たちの優先順位を考慮して判断すると良い
  2. 予算を優先する場合は直接取引の方が優位
  3. 納期や質を優先する場合はハウスメーカー経由の方が優位
  4. どちらの場合でも施主がプロジェクトのオーナーであることに変わりなく、常に責任を持って推進する必要がある

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も我が家の外構がどのようなリゾートスタイルになっていくのか、順次レポートしていきますのでお楽しみに!

◆ ◆ ◆

このブログの登場人物を知りたい方はこちらもチェックしてみてください!

でかサモちゃんの家づくりをリアルタイムで鑑賞したい方へ

我が家の家づくり・暮らし情報やブログ更新のお知らせなど、Twitterでリアルタイムに発信しています!
ぜひお気軽にフォローしてください♪

 
この記事を書いた人
でかサモちゃん

今は都内の1LDKだけど、いつかは大きなマイホームでサモエドを飼うことを目標にがんばる女のドキュメンタリー!
某ECサイト勤務の私(30)と、広告代理店勤務の夫(27)の平凡な共働き世帯です。

➡家づくりプロフィールはこちら

➡好きなモノ
・映画・音楽(サカナクション)・ファッション

でかサモちゃんをフォローする
外構計画
でかサモちゃんをフォローする
でかサモちゃん LINE公式アカウントはじめました!

新着記事をいち早くお知らせするほか、気になる単語で話しかけると関連する記事をご紹介する便利な検索機能も!
ぜひお友だちになってください~!

でかサモの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました