【徹底解説:後編】Merch by Amazonのデザイン作成・審査の流れ・売り方のコツ

Merch by Amazon デザイン作成から審査まで

こんにちは!でかサモちゃん(@dekasamo)です。

前回は、Merch by Amazon(マーチバイアマゾン)のアカウント登録方法を解説しました。

今回はいよいよ、デザイン作成→商品登録→審査→売り方のコツを徹底解説していきます!

この記事(後編)で分かること

  • デザインの作り方(PhotoshopやIllustratorが使えなくても大丈夫!)
  • 商品作成と審査の流れ
  • 売り方のコツ

前編で分かること

  • Merch by Amazon(マーチバイアマゾン)とは?
  • Merch by Amazonの登録方法

デザインの作り方(PhotoshopやIllustratorが使えなくても大丈夫!)

まずは何を作るか選ぶ

無事に審査に通ったら、さっそくMerch by Amazonにログインします!

Merch by Amazonログイン後の画面とダッシュボード

商品を追加ボタンか、作成タブをクリックすると、デザイン作成画面に遷移します。

商品の作成画面

タンクトップやラグランもありますが、2021年6月時点で日本で販売できる商品は5種類(スタンダードTシャツ、長袖Tシャツ、トレーナー、プルオーバーパーカー、ジップパーカー)のみです。

日本で販売できる商品

アートワークサイズとデザインテンプレート

何を作るか決めたら、リソースページでデザインのサイズを確認します。

日本で扱える商品のアートワークサイズ
  • スタンダードTシャツ:4500px x 5400px(前面/背面)
  • 長袖Tシャツ:〃
  • トレーナー:〃
  • プルオーバーパーカー:4500px x 4050px(前面)、4500px x 5400px(背面)
  • ジップパーカー:〃

全てのアートワークファイルの必須仕様

  • sRGBであること
  • 透明PNGであること
  • ファイルサイズが25MB以内であること

それぞれのサイズ毎のデザインテンプレートは、Adobe PhotoshopAdobe Illustrator、そしてフリーソフトのGIMP(ギンプ)が用意されています。

ダウンロード可能なデザインテンプレート

しかし…

でかサモちゃん
でかサモちゃん

フォトショもイラレも持っていないし、GIMPもダウンロードしたものの操作方法さっぱり分からーん!涙

途方に暮れた私は、いつもブログのメインビジュアル作成でお世話になっているCanvaで作ることにしました!

Canvaでデザインを作る方法

Canvaで「透明PNG」のファイルを作るためには、プロプラン(年額12,000円)を契約する必要があります。

これまで何度も我慢してフリープランでやりくりしていましたが、もうさすがに背に腹は代えられないので、思い切ってプロに切り替えてしまいました!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

全然使いこなせないGIMPで長時間悪戦苦闘してしょぼいデザイン作るより、課金してまえー!

プロプランは支払い方法を月額1,500円か、年額12,000円か選択できます。

その差額なんと、1ヶ月あたり500円(年間6,000円)!

年間契約のほうが断然お得ですね。

プロ契約したら、早速デザインを作っていきます。

TOPページ右上のデザインを作成から、カスタムサイズを選択して、横と縦のピクセルを指定してスタートします。

Canvaでカスタムサイズを作成

あとは、自由にデザインを作っていきます。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

直感的に操作できるし、豊富なテンプレートからインスピレーションを受けたり、プロしか使えないおしゃれな素材が無限に使えたりするからとっても楽しいですよ!

ちなみに私は、こんなデザインを作りました。

でかサモちゃんが作ったTシャツデザイン
家系ブロガーたちに着てもらえるようなデザインのTシャツを6種類作成してみました!

デザインが出来上がったら、右上のダウンロードボタンから、ファイルの種類はPNGを選択し、透過背景にチェックを入れてダウンロードします。

透過背景にチェックを入れてダウンロード

商用利用可能なフリー素材サイト

もしデザインに写真素材を使う場合は、必ず商用利用可能なものから選ぶ必要があります。

商用利用可能なフリー素材サイトをまとめた以下の記事を参考にしてみてください。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

私のイチオシは、Unsplashです!

商品作成と審査の流れ

デザインのアップロード

PNGのデザインが準備できたら、いよいよアップロード作業です!

が、ここで一つ注意事項があります。

法人やプロのアーティストでない限り、普通の人はティア10(販売可能な商品数の上限が10点まで)からのスタートです。

そして、一日に申請可能な商品数・回数はたったの1回までです。

申請可能数や商品数の上限が表示される「アカウントステータス」

そのため、アメリカと日本の2箇所で出品しようとしたり、Tシャツと長袖Tシャツの2種類を同時に作成しようとすると、この先に出てくる公開ボタンが押せなくなるので、注意が必要です。

チェックは1つまで

まずはチェックを1つだけに絞ってから、「詳細の編集」へ進みます。

ここで、作成したPNGファイルのデザインをアップロードします。

画像をアップロードするとイメージが表示されるので、デザインのサイズや配置を確認して、必要に応じてデザインを再調整し、アップロードし直す作業を繰り返します。

デザインが表示されます

フィットタイプ・カラー選択と価格設定

フィットタイプやカラーは、それぞれの選択肢にマウスを乗せるとプレビューを見ることができます。

フィットタイプやカラーバリエーションの選択

価格は自分の好きなように設定することができますが、下限と上限があり、赤くエラーが出ると申請ができないので、常識の範囲内で設定し直します。

金額の入力
でかサモちゃん
でかサモちゃん

両面プリントにすると原価も上がるので、注意が必要です!

商品詳細と検索設定

デザインが決まったら、商品タイトルや説明文を入力します。

入力項目
  1. デザインのタイトル
  2. ブランド名
  3. 商品の特徴(箇条書きリスト)×2
  4. 商品説明文
商品詳細の入力項目

それぞれ、実際の商品ページではこのように反映されます。

実際の商品詳細ページでの見え方
実際の商品詳細ページでの見え方

ここで一番大事なことは、テキスト内に商標登録されているワードが含まれないようにすることです!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

後述しますが、私はこれに該当して2回も審査落ちしてしまいました(ToT)

最後に、Amazonで検索可能にするか、検索不可にするか(リンクを知っている人のみに公開)を選んで、公開ボタンを押して終了です!

検索可否を選択して公開ボタンを押すと審査が開始する

公開ボタンを押してもすぐに公開されるわけではなく、デザインの審査に提出されたことを意味します。

画面左下にある公開設定の保存を押すと、今回入力した商品設定やテキスト情報が保存され、次に新しい商品を作成する時に既に情報が入力された状態で始まります。

ブランド名や商品説明文を流用したい時におすすめです。

審査の流れと却下の理由

公開ボタンを押すとダッシュボードの商品ステータスが「審査中」に変わり、申請可能数が「0」になります。

ステータスが審査中に変わる

私は2021年6月時点で6点のアイテムを公開していますが、ほとんどが丸1日程度、たまに長くて2日程で審査が完了し、公開スタートしました。

しかし、初めて挑戦した時は、なんと公開ボタンを押してものの5秒でステータスが「却下」に変わり、その直後にこんなメールが届きました。

「Merch by Amazon デザインが却下されました」のメール

ご提出いただいたデザインが当サイトのコンテンツポリシー「使用する権利を持っていない知的財産(商標、著作権、名称、類似品など)を使用したコンテンツ」に違反していると考えられるため、ご連絡差し上げております。

デザインには、使用権が文書化されたコンテンツのみを使用できます。

Merch by Amazonのコンテンツポリシーは、デザイン、商品名、詳細ページのキーワード、選択された「ブランド」名に適用されます。

使用権を持たない商標登録された素材を使用したデザインおよび/または商品情報を提出することは、Merch by Amazonサービス契約に違反しており、特にアカウントの一時停止や閉鎖につながる可能性があります。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

えーー!!!!なんで!!?

もしかして、バックの写真は商用利用可能な素材とは言え、何かしら加工してオリジナルにしないといけないのかな…?

そう考えた私はバックの写真に加工を加え、完全オリジナルデザインにして再度申請しました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

申請は1日1回までだから、申請可能数が1になるのを首を長くして待ったよ…

その日の晩にようやく二度目の申請を送るも、またしても一瞬で却下。。。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

ぎゃーーー!!!

なんで!!!!?!?涙

待ちに待った再チャレンジだったのに、それがまた一瞬で砕かれて、もう涙目です(笑)

却下の理由は1回目と全く同じでしたが、一体どこが「使用する権利を持っていない知的財産(商標、著作権、名称、類似品など)を使用したコンテンツ」なのか全然分からなかったので、思い切ってフォームから問い合わせてみました。

すると翌朝には、こんなメールが届いていました。

却下の理由メール

オリジナルデザインの承認を得るのが難しいことを理解しています。 当社は、知的財産に関するガイドラインを厳守しています。

「Twitter」に関連するコンテンツの使用権を許可する書類をお持ちの場合は、当社にご連絡ください。お客様のデザインを承認させていただきます。 そうでない場合は、「Twitter」に関連するコンテンツを削除するために、デザインを変更する必要があります。

ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

…あ!!!!

そういうことか!!!!!

私が引っかかっていたのは、Tシャツのデザインではなく、商品説明文のテキストだったのです。

そこには、

家系ブロガーたちのTwitter上での活動名「#家系ブログを盛り上げる会」をポイントにあしらった一枚です。

と書いてしまっていました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

完全に盲点というか…全然使っちゃダメだと気が付かなかった…

そんなわけで、Twitterという文言を削除して3度目の申請をしたら、翌日無事に通過することができました!

私の場合、人間の目で審査される以前に機械に弾かれてしまうという情けないスタートでしたが、その後は審査落ちすることなく順調に商品を公開出来るようになりました。

審査を通過するためのコツ

ここまでで分かったことは、とにかく「完全オリジナルを作ること」です(笑)

デザインはもちろんのこと、商品名や説明文にも、商標登録されている文言は一切使えません。

固有名詞の使用を避けて、限りなく一般的な言葉を選ぶことが、審査通過のコツと言えます。

売り方のコツ

最後に売り方のコツですが、ずばり、Amazonのアフィリエイトプログラム「Amazonアソシエイト」で売ることをおすすめします。

Merch by Amazonで1枚売れるたびにロイヤリティが発生するので、Amazonアソシエイトは適用外かもしれないと思いましたが、実際にトライしてみるときちんと成果としてカウントされました!

でかサモちゃん
でかサモちゃん

人に喜ばれるアイテムを作って、売れた分の成果報酬を得られるなんて、作者・購入者・Amazonの三者全員がwin-win-winじゃないの!最高だね!

Merch by Amazonの販売実績
こっちがMerch by Amazonのロイヤリティ推移。
Amazonアソシエイトの紹介料
こっちがAmazonアソシエイトの紹介料推移。ダブルでゲットです!

というわけで、ぜひあなたも、世の中の誰かに喜んでもらえるオリジナルアイテムを作ってみてください!

まとめ

Merch by Amazonのデザイン作成から審査までのコツ
  1. デザインのテンプレートはPhotoshop、Illustrator、GIMPがダウンロード可能
  2. デザインアプリに慣れていない場合は、Canvaがおすすめ
  3. デザイン、商品名、説明文など全ての素材は必ず商用利用可能なものを使用する
  4. 完全オリジナルを意識して、限りなく一般的な言葉を選ぶのが審査を通過するコツ
  5. 通常は1日に1回しかデザイン申請できないので慎重に!
  6. 審査は1~2日程度で完了する
  7. 売る場合はせっかくなのでAmazonアソシエイトを活用するとお得

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

これであなたもMerch by Amazonデビューして、素敵なアイテムを世にたくさん送り出しちゃってください!

でかサモちゃんの家づくりをリアルタイムで鑑賞したい方へ

我が家の家づくり・暮らし情報やブログ更新のお知らせなど、Twitterでリアルタイムに発信しています!
ぜひお気軽にフォローしてください♪

 
この記事を書いた人
でかサモちゃん

今は都内の1LDKだけど、いつかは大きなマイホームでサモエドを飼うことを目標にがんばる女のドキュメンタリー!
某ECサイト勤務の私(30)と、広告代理店勤務の夫(27)の平凡な共働き世帯です。

➡家づくりプロフィールはこちら

➡好きなモノ
・映画・音楽(サカナクション)・ファッション

でかサモちゃんをフォローする
暮らし
でかサモちゃんをフォローする
でかサモちゃん LINE公式アカウントはじめました!

新着記事をいち早くお知らせするほか、気になる単語で話しかけると関連する記事をご紹介する便利な検索機能も!
ぜひお友だちになってください~!

でかサモの家

コメント

  1. じゃすみん より:

    でかサモちゃん様。

    初めまして。じゃすみんと申します。

    「Merch by Amazon」に興味を持ち
    検索していたらこちらの記事にたどり着きました。
    英語が苦手なので、すごく解りやすく解説してくださって
    とても参考になりました。ありがとうございます。

    ですが、どうしてもわからないところがありまして
    質問が3つあります。

    ① 商品の登録数について
      10点から上に行くには販売する必要がある
    と書いてありますが
      どのくらい販売する必要があるのでしょうか。
     
    ② どんなデザインを作るか、で記入したデザイン以外でも
      申請が通りますか?(その時の流行も取り入れたいため)

    ③ 販売国は日本でしょうか。もしそうでしたら
      ロイヤリティだけでみると日本が一番低いようです。
      それでも日本に登録するメリットとは、どういうものなのでしょうか。
      私は主に米国での販売を考えています。

     質問が多くて申し訳ございません。
     よろしければ、お手すきの際にお返事いただければ幸いです。

    • じゃすみんさん、こんにちは!
      ご質問ありがとうございます。

      ①Merch by Amazonの「よくある質問」によると、ティア10からティア25に上がるには最低10個売り上げる必要があります。また、ティア昇級は売り上げた数だけでなく、販売した商品の品質にも基づいて承認されるそうです。
      私は既に15個売り上げていますが、未だにティア10ですので、明確に何個売ればOKというのは明らかにされていません。
      ティアレベルの種類は以下の通りです。
      ・10
      ・25
      ・100
      ・500
      ・プロ(招待制)

      ②はい、アカウント登録時に申告したデザイン以外でも通りますので大丈夫です!

      ③以下のマーケットプレイスを選択出来ます。
      ・.com(アメリカ)
      ・.uk(イギリス)
      ・.de(ドイツ)
      ・.fr(フランス)
      ・.it(イタリア)
      ・.es(スペイン)
      ・co.jp(日本)
      それぞれの通貨で価格設定や商品名、説明文の設定を行うことができます。
      英語が苦手とのことなので、こちらのDeepLというサイトが翻訳が上手なのでおすすめですよ!https://www.deepl.com/translator
      ロイヤリティは、ご自身の設定される価格によって変動します。

      じゃすみんさんの作品が完成したらぜひこちらにコメントでリンクを教えて下さい!
      Merch by Amazonでの作品作り、ぜひ一緒に楽しみましょう♪

  2. じゃすみん より:

    でかサモちゃん様。こんにちは。

    早々のご丁寧なお返事ありがとうございます。
    おかげさまで迷うことなく無事に登録申請ができました。

    ① 販売枚数は分かりやすい基準ですが
    品質ですか、ティア昇給の基準はハッキリしてなくて難しそうですね。

    ③ 複数のマーケットプレイスで販売できのですね!
    自分の作品が本家の米国Amazonで販売できるかもしれないと考えると
    すごくワクワクします♪

    アメリカンドリームが実現できるかも(笑)

    お言葉に甘えて販売できるようになりましたらまた伺います。

    いろいろ教えくださり、ありがとうございました。

  3. じゃすみん より:

    でかサモちゃん様。 こんばんは。

    アカウントリクエストが却下されました。
    却下の原因はわかりませんが思いついたのは

    ● 希望ジャンルが合わなかった。ちなみに「 伝統文化を取り入れたデザインやスカル 」でした。
    ● リンクが一つだけだった(複数リンクできたのかも覚えてないのですが)
    ● リンク先のデザインなどのレベルが低かった。

    この3つくらいです。
    別のリクエストを申請することはできないとのことで
    残念ながら諦めるしかなさそうです。
    ちょっとだけ楽しい妄想ができました。ありがとうございます。

    お家づくりが、滞りなく無事に建てられることを祈っています。

    • じゃすみんさん、こんにちは!
      アカウントリクエストだめだったのですね(涙)
      審査基準はよく分からないですが、デザインのレベルは無関係だと思いますよ!(私は申請時に自分のデザインやポートフォリオなど何も持っていなかったので)
      世の中にはMerch by Amazon以外にも様々なプリントオンデマンドサービスがあるので、これからもぜひじゃすみんさんの作品を世に送り出していってくださいね。
      ご報告ありがとうございました。

  4. キクラゲ より:

    こんにちは
    以前に記事を拝見してMerch by amazon に登録してみた者です。
    最近Merch by Amazon?からメールがきて”マーチャント使用料に関して”みたいなメールがきました。英文もあまりわからず、翻訳もぎこちないものでしたが、なにか大きな金額が書いてあるようでした。
    このようなメールは届いたらどう対処すればよいのでしょうか?
    コメントに目を通していただけると幸いです。よろしくお願いします。

    • キクラゲさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      メールの内容を見ていないため何とも言えないですが、何かアクションが求められる内容であればその旨がメールに記載されているかと思います。
      以下の翻訳ツールを使ってご対応いただくのが良いと思います。
      https://www.deepl.com/translator

      がんばってください(^^)

タイトルとURLをコピーしました