【外構打ち合わせ②】毎日が南国リゾート!タイルテラスのおしゃれ外構

毎日が南国リゾート!タイルテラスのおしゃれ外構

こんにちは!家づくりブロガーのでかサモちゃん(@dekasamo)です。

8月に着工した我が家は、先日基礎工事が無事に終わり、これから建方工事のフェーズに突入していきます!(9月23日現在)

設計の打ち合わせが終わってから1ヶ月半ほど三井ホームとの打ち合わせはありませんでしたが、そろそろ外構の詳細も詰めたいな~ということで、パントリーにお願いして外構業者とのミーティングをセットしてもらいました。

今回は、そのミーティングを経て徐々に形になってきた我が家の外構プランをご紹介します!

ちなみに、我が家の外構は三井ホーム経由ではなく、外構業者と直接取引します。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

信頼できる外構業者さんを、パントリー君から紹介してもらいました!

4月に行った初回の外構打ち合わせの内容はこちらをご覧ください。

この記事は以下のような人におすすめ!

  • 家を南国リゾート化したい
  • リラックスできるテラスを作りたい
  • 外構デザインを検討中

ファサード

家の正面の外構パースはこんな感じ!

ポスト

現時点でポストの第一候補は、LIXILのネクストポスト L-1型です。

シンプルなデザインで、横に電子錠が!(出典: LIXIL)

メール便も入る程よい大きさと、タッチパネル解錠の楽さが決め手となりました!

毎日中身をチェックするから、タッチパネルの電子錠で簡単に開けられるところが決め手になりました (出典: LIXIL)
くるくる回すタイプの鍵と違って、施錠する必要がないところも魅力的 (出典: LIXIL)
ちょっとした厚みのある郵便物も入るので便利! (出典: LIXIL)

色は規格色のブラックの予定です。

規格色の上段3色が定価66,000円、下段3色が79,000円!!ちょっと高いけど毎日使うものだから奮発。(出典: LIXIL)

表札

表札は以下の2種類で悩んでいます。

候補① メイクランド O-moji 02

棒をパズルのように並べて作る漢字がおしゃれ! (出典: メイクランド)

候補② LIXIL 切り文字サインS

ゴシック体のローマ字だけの超シンプルなデザイン (出典: LIXIL)

表札選びでは読みやすさを最も重視しているので、ローマ字の場合は筆記体ではなくゴシック体が良いかなと思っています。

第一候補の「O-moji 02」は、おしゃれフォントの漢字にゴシック体のローマ字が添えてあるのがお気に入りですが、

ポストの横幅が大きいので、上下で並んだ時に第二候補の「切り文字サインS」の方がバランスが良いかも?ということで悩んでいます。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

色は、後ろのサイディングがブラックなので、ホワイトが一番見やすいかな!

ポーチ階段

ポーチ階段のタイルは、玄関と同じリビエラのエタニティで、色はサンドブラウンです。

エタニティ サンドブラウン (出典: RIVIERA)
サンドブラウンを使用した玄関の施工例 (出典: RIVIERA)

階段は宙に浮いたような「キャンティ型」で、その下にはラインライトが着く予定です。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

予算によってはライトは削るかもしれません…

ラインライトを入れると更に浮遊感が増してリゾートチックに! (出典: Pinterest)

自転車置場

我が家は車を持たないので、主な移動手段は電動自転車です!

ポーチのすぐ横に、自転車を停める場所がコンクリート3枚分あります。コンクリートは、滑らないように刷毛引き仕上げです。

刷毛引き仕上げってこんな感じ。刷毛で凹凸をつけることで滑り止め効果があるようです! (出典: 寿土間工業)

ゴミステーション

自転車置き場の奥には、一時的にゴミを置いておくゴミステーションを設置します。

コの字型に化粧ブロックを積んで、内側に大きめのゴミ箱を置く予定です。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

ダンボールやペットボトル、回収日まで待機中の生ゴミなどを置いておきます!

あわよくば、ゴミ収集もここから直接してもらえたら…と期待しています(笑)

また、ゴミステーションの外側に蛇口を取り付けて、植栽の水やりやゴミ箱の掃除、犬の足洗いが簡単にできるようにします。

ゴミステーションの外側に蛇口を取り付けます!
でかサモちゃん
でかサモちゃん

ブロックに蛇口を直接付けられるなんて!場所が取られなくてとっても便利!

鉢植え

家の正面パースと図面。ステージを作って、その上にお気に入りの鉢植えを並べます!

家の正面には、鉢植えを3個並べて置きます。

こんなイメージ! (出典: Pinterest)

鉢植えを置く土台は、ポーチと同じリビエラのタイルで作ります。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

土台の下は芝生になっています!

花壇

道路とテラスの間は花壇を設置

鉢植えの右隣には花壇を作って、ここに南国植栽をたくさん植えます。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

植栽の種類については、また別の記事でご紹介します!

花壇の壁は、メイクランドの「エルドラドクォーツ乱形」を予定していて、色はビアンコかヴェルデで悩み中です。

ビアンコの施工事例 (出典: 環境緑建)
ヴェルデの施工事例 (出典: 環境緑建)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

色は、実際に建物が出来てきたら実物を見比べて決める事ができるそうなので、安心です!

テラス

敷地南側のタイルテラスのパース

タイル

テラスのタイルは、玄関やポーチと同じリビエラのエタニティで、色違いのグレーを採用予定です。

エタニティ グレー (出典: RIVIERA)
施工事例 。右側の色が薄い方がグレーです! (出典: RIVIERA)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

色ムラが超かっこいいし、犬も滑りにくい仕様なので安心です!

また、元々このタイルデッキは一面フラットになる予定でしたが、今回あえて段差や花壇を設けて、立体的でお籠り感のあるデザインにしました!

東側から見たタイルデッキはこんな感じ!

この場所でわいわいBBQやプールをやるイメージはなく、リゾートヴィラのようにまったりできることを重視していると伝えたら、このような形を提案してもらえました。

でかサモちゃん
でかサモちゃん

ただ単に広ければ良いというわけではないと気づいて、ハッとしました!

タイルデッキの形が今回一番の変更ポイントなので、仕上がりがとっても楽しみです!

塀・花壇

テラスの塀や花壇は、化粧ブロックから候補を探しました。

カタログの中からだと、エスビックのベネチアが良さそうな感じです。

エスビック ベネチア 色はポリッシュ (出典: SBIC)
ベネチア ポリッシュの施工事例 (出典: SBIC)

これでも十分良さそうなのですが、実はカタログにはない、漆喰のようなのが一番イメージにぴったりなのではと思っています。

Pinterestで見つけた自分が好きなタイプのテラス空間 (出典: Pinterest)
こんな感じの白くて明るい空間が理想 (出典: Pinterest)

もっと言うと、ギリシャのサントリーニ島ように真っ白でマットな漆喰が似合うような気がしています!

挙式予定だったサントリーニ島への飽くなき憧憬…笑
でかサモちゃん
でかサモちゃん

塀や花壇をこんな風に仕上げられるのかは、これから確認します!

ソファ

テラスにはIKEAの屋外用ソファを常設して、いつでも気軽にリラックスできるリゾートヴィラを目指します。

SOLLERÖN ソッレローン (出典: IKEA)
使用イメージ。す・て・き! (出典: IKEA)

ソファのサイズに合わせて、隣の花壇を設計してもらう予定です。

また、ソファでまったりするのに欠かせないパラソルもIKEAで揃えます。

BETSÖ ベッショー / VÅRHOLMEN ヴォールホルメン (出典: IKEA)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

もしかしたら、パラソルを挿す穴を花壇に取り付けてもらえるかもしれません!

施工する時に実物を確認して判断となりますが、もしそれが出来れば、土台を置くスペースが省けて超ラッキーです!

クッションはたくさんあった方がリラックス感が出るので、とりあえず5個くらい用意しようと思います。

SKOGSKORN スコーグスコルン (出典: IKEA)
HARÖRT ハルオールト (出典: IKEA)
ÅSVEIG オースヴェイグ (出典: IKEA)
HERVOR ヘルヴォル (出典: IKEA)
BRUNSTARR ブルンスタッル (出典: IKEA)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

クッションは基本的には、リビングのソファで使っているのを外に持ち出すスタイルになりそうです!

また、コーヒーテーブルはこちらを検討しています。

KROKHOLMEN クロークホルメン (出典: IKEA)
使用イメージ (出典: IKEA)

フェンス

テラスと隣地を仕切るフェンスは、LIXILのフェンスAB 横スリット3型の予定です。

色は「ホワイト」か、「シャイングレー+チェリーウッド」かなと思います! (出典: LIXIL)
でかサモちゃん
でかサモちゃん

ここはあまりこだわりはないので、できるだけ安く抑えたいです…!

砂利

家の裏側は全て砂利と防草シートです。

自転車置場からタイルデッキまで、余白はぐるっと砂利で埋めます

砂利はリゾートっぽく、メイクランドの琉球石灰岩にしようと思います!

真っ白で軽やかな雰囲気の琉球石灰岩 (出典: メイクランド)
施工事例 (出典: メイクランド)

まとめ

我が家の外構のポイント
  • ポストや表札は実用性を重視
  • タイルテラスはあえて凹凸を作ってリラックスムードを演出
  • 塀は漆喰が合うかも!?
  • 砂利は琉球石灰岩で明るいリゾート風に
  • 屋外ソファにはクッションをたっぷり用意!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

今回の外構打ち合わせにおいて、私の一番の学びは「どんな過ごし方をしたいかによって最適な広さ/デザインは変わる」ということです!

だだっ広かった我が家のテラスは、この度少し狭くなり、そしてよりリラックスできる理想的な空間に進化しました!

そして、「毎日がリゾートな家」がテーマの我が家の外構計画は植栽が一番のポイントとなりそうです。

どんな植栽を検討しているのかは、また次の記事でご紹介したいと思います。

引き続き、我が家の家づくりをお楽しみください!

◆ ◆ ◆

▼でかサモちゃん家の間取り/設計決定版はこちら

▼でかサモちゃん家のインテリア決定版はこちら

でかサモちゃんの家づくりをリアルタイムで鑑賞したい方へ

我が家の家づくり・暮らし情報やブログ更新のお知らせなど、Twitterでリアルタイムに発信しています!
ぜひお気軽にフォローしてください♪

 
この記事を書いた人
でかサモちゃん

今は都内の1LDKだけど、いつかは大きなマイホームでサモエドを飼うことを目標にがんばる女のドキュメンタリー!
某ECサイト勤務の私(30)と、広告代理店勤務の夫(27)の平凡な共働き世帯です。

➡家づくりプロフィールはこちら

➡好きなモノ
・映画・音楽(サカナクション)・ファッション

でかサモちゃんをフォローする
外構計画
でかサモちゃんをフォローする
でかサモちゃん LINE公式アカウントはじめました!

新着記事をいち早くお知らせするほか、気になる単語で話しかけると関連する記事をご紹介する便利な検索機能も!
ぜひお友だちになってください~!

でかサモの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました